ホワイトニング

ホワイトニングについての説明、歯のクリーニング

ホワイトニング

白い歯は笑顔を爽やかに見せてくれますし、口元がきれいに見えるので美しい人といった印象を与えてくれます。ホワイトニングをするだけで見た目の印象と年齢を変えることができるのですから、試してみてはいかがでしょうか。定期的にクリーニングとホワイトニングをしておくだけで白い歯を維持することができますし、定期的に歯科検診を受けることにもなりますから歯の状態の変化に気がつきやすく、虫歯や歯周病の進行をストップさせることにもつながり、口腔環境を良好に保つことができます。

 

歯磨きでは落ちない歯の汚れ、口臭もケアすることができます。歯のクリーニングをする場合には口を緊張させてじっとがまんしていなくてはいけませんが、ホワイトニングの場合にはリラックスして治療を受けることができます。歯を白くすることができるので黄ばみや汚れをとりのぞくことができ、歯並びや歯茎もきれいにしたいと美意識が高まることになります。デンタルエステ専門のクリニックですのでしっかりとカウンセリングをしてどんな歯の白さになりたいのかを聞き取り、かなえてくれます。年中無休でメニューや料金についてコンシェルジュデスクを利用できるようになっています。

 

治療の流れはカウンセリングと口腔状態のチェックを行い、虫歯や歯周病などがあれば治療を優先させることになります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、併用させたデュアルホワイトニングの3種類から選びます。医療機関の身が使える専用の薬剤と機材を使っており、痛みもほとんど感じません。しみる場合にはしみどめの薬も出してもらえます。リーズナブルな価格で返金保証もありますから気軽に試すことができます。症例数の実績も豊富ですし、歯の質、生活習慣、予算にあわせてなりたい歯の白さを実現できます。歯がきれいと言ってもらえる白さ、歯が白いと気づいてもらえる白さ、自分でも歯の白さを実感できる白さと細かく色を調整することができるのもメリットです。

ホワイトニングの種類:FAPホワイトニング

ホワイトニング

歯のホワイトニングの種類にもいくつかあり、FAPホワイトニングは、一時的に歯を白くするような一般的なホワイトニングとは異なり、白さを長期的に保つことが出来るホワイトニングです。FAPとはフッ化アパタイトの略です。歯を痛めることなく歯質を強くして虫歯予防にもなると言われている技術です。

 

一般的なホワイトニングはもともと1980年代にアメリカで生まれた技術で、欧米人を対象に開発された技術でした。歯の色素が濃い傾向がある日本人の歯にはあまり適合しなかったため、変色歯と漂白法の研究者である、日本人のとある歯科医が、日本人の歯に適合するよう開発したのがFAPホワイトニングです。特徴はホワイトニング剤の中にフッ化アパタイトを配合し、歯を漂白してさらに歯の表面に強化カルシウムの層を作ります。一般的なホワイトニングとFAPホワイトニングの違いですが、両者も歯の表面のエナメル質に薬液で凹凸をつけ光の反射を利用して歯を白く見せるというところは同じですが、FAPホワイトニングは歯の表面に凹凸をつけた後、その上に5層くらい重ねて、フッ化アパタイトという強化カルシウムを吸着させる薬剤を使用します。

 

この薬剤を塗ることの長所は、歯の表面の凹凸をなめらかにして長期間歯の白さを保つことが出来て着色を防ぐこと、フッ化アパタイトは歯や骨などの人体の成分と似ているので、歯質が強化され虫歯予防につながること、アパタイトの一層一層がすりガラスの役割をし、日本人特有の歯の黄ばみを隠しより白い歯になること、歯の表面の強化カルシウムが歯質を強化させるので、歯がしみるのを防ぐことが出来ることなどです。またFAPは一般的なものに比べ効果が現れるのに時間がかかるので、5回程度の通院が必要です。短時間で白くしたい方には不向きです。しかし歯に優しいホワイトニングと言われているため、中学生から治療でき虫歯予防にも有効でメリットも大きいです。

ホワイトニングの種類:ティースホワイトニング

ホワイトニング

数種類あるホワイトニングの中で「ティースホワイトニング」というのは最もオーソドックスなスタイルです。ホワイトニングには自宅でおこなうハウスホワイトニングとクリニックで処置を受けるオフィスホワイトニングの2通りがありますが、ティースホワイトニングはハロゲン光を用いるためクリニックに出向いて受けるオフィスタイプに当たります。メカニズムとしては歯に35%に調合したホワイトニング剤を塗り込んでライトを当てると、歯の着色の原因である色素が分解されるために白くなるものです。

 

他の処置方法と比較したティースホワイトニングの特徴としては、照射する光が弱いことが挙げられます。30分程度という比較的短時間の処置で済みますが、求める白さを出すためには複数回おこなう必要があります。大体一回で一から二段階白くすることが可能で、一日に複数回の処置を受けることもできます。処置が複数回必要と言えばデメリットのようにも捉えられがちですが、段階を踏んで少しずつ歯を白くしていくため、周囲の人にホワイトニングを受けていることを知られたくない場合には強みとなります。そして口の中全体に照射するものではなく一般的には歯の1本1本に対処していくものなので、隣り合う歯の白さの違いを統一したいという場合に適しています。料金も1本換算されるので費用の無駄を省くという点でも優れています。

 

またティースホワイトニングに用いるハロゲンを並べて、複数の歯に当たるように考えられたものをビヨンドホワイトニングといいます。薬剤は同じ度数のものを使用することが多く、より効率的に歯の美白化を計ることができるものとして考案された後発の上位互換と言えるので、まとめて処置をおこなう場合にはこちらの方が費用的にも期間的にも優れていることもあります。最もオーソドックスなホワイトニング法で回数によって微調整が可能なため、柔軟な処置プランを立てることができるのがティースホワイトニングです。

ホワイトニングの種類:レーザーホワイトニング

ホワイトニング

白く輝く美しい歯を持つ人は清潔感を与えることができ、歯の美しさが人の印象を大きく左右するといっても過言ではありません。そのため多くの人たちが歯のホワイトニングを行っていますが、ホワイトニングは様々な方法があり、その中でレーザーホワイトニングが注目を集めています。レーザーホワイトニングはその名の通り、レーザーを使用して歯を白くする方法のことです。一般的なホワイトニングは、歯に過酸化水素という薬剤を塗り漂白しますが、レーザーホワイトニングは薬剤の上からレーザーの光を照射させることで、歯を白くするスピードを高めることができます。

 

レーザーホワイトニングが注目を集めている理由として、即効性が高いことが挙げられます。一般的なホワイトニングの場合、歯に薬剤を塗ってから効果が出るまでに数時間はかかってしまいます。しかし、レーザーホワイトニングはレーザーを照射させ、熱を与えることによって薬剤の反応を早めることが可能となり、およそ10分で効果を実感することができます。また、レーザーホワイトニングは1回の施術で、歯の白さを2トーン上げることを可能とします。歯の白さを客観的に判断するために用いられるシェードガイドという色の見本がありますが、1回で2段階も白くさせることができます。

 

このようにレーザーホワイトニングは、即効性のある高い効果を得ることができますが、歯のホワイトニングは審美治療と見なされるため、健康保険適用外となってしまいます。そのため、治療費が高くなってしまうというデメリットがあります。しかし、白くするという目的があるからといって歯を削る必要もなく、素早く高い効果を得ることができるという点で、様々なホワイトニングの方法の中でもレーザーホワイトニングは高く支持されています。結婚式や重要な面接などの予定があり、すぐに歯を白くさせたいという人や、多忙でなかなか時間を確保することが難しい人に適している方法だといえます。

ホワイトニングの種類:スピードホワイトニング

ホワイトニング

歯を白くすることで、清潔で健康的な印象になります。歯を白くしたいという人にオススメなのが、ホワイトニングです。ホワイトニングは、歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの二種類があります。歯科で行うホワイトニングの一般的な施術方法が、スピードホワイトニングです。スピードホワイトニングとは、キセノンライトというライトを使ったホワイトニング方法です。

 

オフィスホワイトニングは、漂白効果のある薬剤を歯に塗ってライトを照射することによって白くしていきます。この時に使われる、キセノンライトはハロゲンライトよりも光の照射力が強く、薬剤の効果をより強くすることができます。薬剤の効果が高くなるということは、その分歯を白くする効果も高めることができるということです。1994年頃より利用されているライトで、ハロゲンライトよりも高く、アルゴンレーザーよりも低い価格設定となっています。スピードホワイトニングという名称ですが、他の方法と比べて特別早く治療が終わるというわけではなく、これはあくまでも薬剤の活性化が早いという意味ではないため注意が必要です。治療を早く終わらせたいからこの施術方法を選ぶということは避けたほうが良いとされています。また、照射力が強いということは、その分ライトが発生する熱も高いということになります。そのため使い方を誤ると歯周組織も傷つけてしまうこともあるため、技術力があり信頼できる医師の元で行うことが大切です。

 

一回の照射時間は、1時間〜1時間半程度となっています。施術を行った、着色汚れを取った後には色の濃い飲み物や食べ物は24時間は極力控えることも重要です。歯の表面には歯を守るための薄い皮膜層がありますが、施術後はその皮膜層がなくなっており再生するまでは24時間かかるとされています。色の濃い食べ物や飲み物を避けることで、歯の白さを長持ちさせることにつながります。